2011年09月27日

個人情報について補足

 けっきょく第一回スクラッチで当たったNET CASHは流れました。
 今は第二回スクラッチをやっていますが、自己紹介文が出るなど景品に若干変化があるみたいです。

 さて、ファミでわたしのほかにもNET CASHが当たった人がいたそうで、その人は喜び勇んで住所入力したのだそうです。個人情報流出の危険性など考えもつかなかったようで、ここを見てたいそう驚いたそうな。
 というわけで、前回に『危険だ』などと語った個人情報について補足です。

 結論から言いましょう。
 気にならなかった人は、べつだん気にすることもないと思います。

 そもそも個人情報が流出して何が問題か。

 昔であれば、せいぜい住所が漏れてダイレクトメール(郵送)が来たり、電話番号が漏れて見知らぬ業者から勧誘の電話が来たり、その程度でした。
 昔は個人情報自体も紙媒体、収集1件当たりのコストはそこそこかかりました。DMってけっこう配送コストかかるし、電話もマンパワーだからコストかかるし相手が出なければ無駄足だし。なのでどちらも氾濫するようなことにはならず、来ても捨てるなり断るならの対処ができる程度の量なので、大きな問題にはなりませんでした。たぶん。

 今だと個人情報はExcelでポンです。メールアドレスが洩れたらSPAMメールが飛んできたりします。たいしてコストかかりません。SPAMを受ける側はメールがSPAMだったら捨てるとか、自動判断が間違ってSPAM扱いしちゃった通常メールを探し出すとか、厄介な手間がかかるので困ります。
 もっと嫌な想像をすると、架空請求やオレオレ詐欺などに狙い撃ちされます。相手の口から自分の個人情報が飛び出したりしたら、思わず信じ込んでしまうことがあるかもしれません。

 ちょっと異色の例ですが、ネチズンに追い回される危険というのもあります。ちょっとTwitterで不謹慎な(と彼らが思う)発言をしたせいで散々責め立てられ、(Mixiの日記で公開していたらしい)内定先にまで電凸されて、あわや内定取り消しの危機、なんていう話を聞きました。人の恨み妬み偽善はなんとも怖いです。
 彼はいったいどうなったんでしょうねぇ、後日談はとんと聞きません。

 そんなわけで、いずれのリスクにしても死ぬようなことはないわけです。というか、実はたいした事は起きない、という見方も人によってはできるのではないでしょうか。
 そもそも一応、個人情報保護法があるので情報漏洩なんてそうそうないはず……
 だから、気にならない人は、べつだん気にする必要はないのではないかと思います。

 フルネームも住所もまったくオープンにして、見知らぬ相手が自分のことを知っていてもまったくおかしくないという心積もりをいつでも持っておく。それもひとつの、自身の個人情報との付き合い方です。
(そういうスタンスで使うのに向いたツールがFacebookで、主に仕事用に使われることが多いみたいです)

 わたしは、YahooBBに思いっきり情報漏洩されて、賠償が500円(一月分の料金にも満たない!!)しか渡されなかったのに憤慨してからというもの、このテの事情には煩いのです。あとSPAM嫌い、大嫌い。
 けっきょくのところ、情報漏洩のリスク云々って、根底はそういう感情論によるものが大きいような気がします。
posted by きさらぎ at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
 わたしも去年当選して流したクチ。

 そこまで神経質になる必要はない……と思いつつ、留守がちな自分の事情を思えば家族に迷惑がかかる可能性を否定できなかった。

 つかさ。
 留守のあいだにNETCASHが郵送されて来ても黙って捨てられるんじゃないかとw

 んで、ちさとの論旨なんかずれてない?
 メルアドの情報はとっくにみんな渡してるよね? 住所氏名を入力するかしないか、って論点の話な気がするんだけど……。

 個人的にはこの際は入力してもたいした問題じゃないと思う。ヤロウさんは情報収集を目的にこれをやってるんじゃないとは思う。たぶんだけど、景品法かなんかで定められてるんじゃないのかな?

 もっとも世の中には、住所の収集そのものを目的にサイトを運営している例もあると思うのでその辺は見極める目が必要だろうなと思ってます。
Posted by ふー at 2011年09月29日 08:26
 論点ずれましたね。鋭いつっこみですw
 一般論で語ったので、こういうことに。

 要するにね。今回の事例に限らず【情報漏れなんて理屈的にはそんなに危険はない】ということを言いたかったんですよ。放射能漏れの方が遙かに危険w
 心配していたファミの人が、これを読んで安心してくれるといいなぁ。そう思いながら書きました。

 そもそもそう、個人情報保護法で『情報漏洩ダメ!』って言ってるからには、ふつうは企業側でも気にかけてくれるんだから、そういう意味でも神経質になる必要はありません。
 わたしは過去の恨みから神経質になりますが。ぱるぱる。

 情報収集が目的のところは、そもそも法律守る気がないだろうから怖いですねぇ。読者の皆さん、間違っても口座番号とか渡しちゃダメですよ。
Posted by ちさと->きさらぎ@蓬莱家 at 2011年10月04日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48183810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック